読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嬉しかったこと

数日前にあった輪講(一時間くらいで進捗報告をする)が僕の番だった。で、その発表がかつてないほど先輩に褒められた。(今まで呆れられてただけかもしれないけど笑。)弊研の輪講は英語なんだけど、留学生にもパーフェクトだと言われた。後輩にも今までの修士輪講の中で一番良かったといわれた。なによりうれしかったのが後輩から言われた「伊達に研究室暮らししてないですね」と言われたことだ。

突然だけど、実は僕は研究室で暮らしている。家に帰る時間がもったいないし、家だと長時間だらだら寝てしまうからだ。研究室だと他人の目があるから自然と朝はまともな時間に起きる。でもこのライフスタイルについては他の研究室メンバーから「だらだらしてる」だとか「たるんでいる」など散々言われてきた。もちろんダラダラ(昼寝だとか長時間雑談)してることもたまにあるけど、それでも研究室内で一番研究してることに変わりはない(たぶん)。それで、ずっと見返してやろうという気持ちで頑張ってきた。がむしゃらにやってみたものの、上手く行かないことの連続だった。それが今回の輪講で初めて認められた。東大に外部からやってきて初めて自分に自信を持てた。

さて、あとは目標に向かってひた走るだけだ。