学振落ちてた

学振DC1落ちてた. 開示された点数と全体の平均, 分散からだいたい上位30%くらいの位置にいることがわかった. だいたい, 書類選考パスするのは上位22%くらいだから, ちょっと惜しかった. 留学するから関係ないとはいえ, 少し落ち込んだ.  

そういえば, 最近うけたTOEFLでやっと99点がとれた. ちょっとマグレがはいってる. 本当の実力は95くらい. 研究が忙しくて殆ど英語の勉強してない. これから一カ月も全く関連の無い3つの研究を同時並行でやることになるから, 英語をやってる暇がない. これ以上うけても上がらないかな.  これは海外大学院留学勢共通の悩みだと思う. まぁ, 学部のはやい内にやっておくのが吉だったな~. 

研究はヒーヒーいいながら, 結局修士の間に2段組み6ページ程度の国際会議論文を4つ書いた. 一つは来月査読結果がでるので業績になるのか未定. あとは, 11月中にもう一つマイナーな学会誌の論文投稿する予定. 修士から研究室を移ったにしては, 頑張ったかなと思う. 修士で研究3つ並行してやる人なんてあんまりいなしね. 弊研は例外かもしれんが. 

海外奨学金はいくつか書類審査をパスしたという通知を頂いた. 一つは, すでに面接を受けてきたが, ボロボロだった. 周りが凄すぎて相対的にボロボロだった. たぶんだめだけど, こういう機会を民間団体が設けてくれること自体がありがたい. 僕も将来金持ちになったら, 志が高い人の支援ができたらなぁと思った. 

来年の四月から5カ月間だけ世界ランキング5位以内の某大学に短期留学する予定!! ダメ元で僕の研究したい分野のスター研究者にCVと共にメールを送ったところ, スカイプ面接をしようという事になった. 面接の結果, 「来るまでに英語をまともに話せるようになること」 という条件付きで受け入れ許可を貰えた. 予定!!と書いたが実際は未定. 実は奨学金を出していて, これが採択されれば. でも, 今回は9割5分採択されると踏んでいる. なんだかんだで今の日本はいろんな支援制度があって, この時代に生まれてきて良かったな~と思う.